軽減税率制度のスタートに備えておこう!クラウドPOSの導入を!

レジの違いを知ろう!

キャッシュレジスター

キャッシュレジスターは、飲食店や小売店などで一般的に導入されています。ドロワーと呼ばれる引き出しが付いており、そこにお金を保管することができます。取引金額の計算と販売商品の記録を主に行います。

POSレジ

POSレジは、スーパーやコンビニ、フランチャイズ店などで導入が進められてきました。商品を販売した時点における情報を記録した上で、その記録をもとに販売へ繋げるための管理・分析を行う機能があります。

軽減税率制度の導入に備えよう

2019年10月から軽減税率制度がスタートします。軽減税率制度とは、消費税を10パーセントに引き上げる際に、低所得者対策として、特定の品目は軽減税率として8パーセントを適用する制度になります。したがって、軽減税率適用に備えておくことが大切です。以下で具体的に見ていきましょう。

軽減税率制度のスタートに備えておこう!クラウドPOSの導入を!

オフィス

クラウドPOSって何?

軽減税率制度がスタートすると、品目によって税率の計算を変えなければならないので、業務がさらに複雑化することが懸念されています。しかし、軽減税率対応のレジを導入することで問題は解消できます。クラウドPOSと呼ばれるレジは、軽減税率に早期に対応しており、制度が変更された場合はすぐにアップデートを可能にしている便利なレジです。

導入費用を抑えられるものがある

クラウドPOSの中には、軽減税率対策補助金対象サービスとして指定されているものも多くあり、中小企業の方にとっては特に、業務の効率化を図れると同時に導入費用を抑えることができるので魅力的だと言えます。